遅延・欠航が気になるLCC、スカイマークの評判は?

スカイマークといえば、旅客への対応が非常に良いことで知られる評判の格安航空会社(LCC)です。例えば遅延・欠航といった際の対応は格安航空会社ごとに微妙に異なりますが、スカイマークの対応は上々です。移動の際に利用する乗り物は、どのようなものであっても悪天候など天災による遅延・欠航を免れることはありませんし、自社都合による遅延・欠航も中決して少なくはありません。

しかし、例え同じ状況であってもその後の対応は会社によってさまざまで、その対応が会社の評判を大きく左右することになることもたびたびなのです。格安航空会社といえば全日空や日本航空がメインであった航空業界の中で驚きの格安航空券を売り出した航空会社ですが、発足当初は天災とは関係のない機材故障など、都合による相次ぐ遅延や欠航が大きな問題として取り上げられたものです。全日空や日本航空といった大手航空会社であれば、遅延や欠航という事態になれば予約した旅客を他社便に振り替えたり、翌日のフライトに振り替えとなればその日のホテルを手配してくれたりと充実したサービスが実施されるのが普通です。しかし、あらゆるサービスをそぎ落とすことで実現した格安な料金が売りの格安航空会社には、そのようなサービスはおよそ期待はないです。欠航時にも補償しないことが格安価格をキープする要因となっているわけです。

例えば、ジェットスターやピーチアビエーション、バニラエアなどは格安航空会社を代表する航空会社ですが、いずれも欠航時には自社の後続便へ振り替えるか航空券の払戻しを行うかの二者択一というのが基本的な対応内容で、他社便への振替は行っていません。その点、格安航空会社よりも充実したサービスが評判のSkymarkの対応は違います。悪天候などが原因となる遅延・欠航は、格安航空会社他社と同様に他社便への振替は行われないのが基本ですが、自社都合による遅延・欠航に対しては、全日空や日本航空といった他社便に振り替えることもよくあります。格安航空会社より多少高めの料金が設定されていることも特徴のSkymarkですが、この対応の良さは当社の評価を大いに上げる一因となっています。とはいえ、日本の格安航空会社の遅延・欠航は、諸外国のそれと比べればそれほど多くはありません。実は大手航空会社と同じくらいか少ないかといったレベルなのが実情で、それほど神経質になることはないでしょう。