スカイマークの格安さと充実のサービス

航空業界に革命的ともいえる価格破壊をもたらしたのが格安航空会社(LCC)で、Skymarkはその一つとしてよく知られた存在です。スカイマークは格安航空会社にカテゴライズされることも多くありますが、そのサービスはかつて全席がグリーンシートという航空機を持っていた時代もあるなど、価格が安いにも関わらず充実した内容であることが大きな特徴となっています。

その点からスカイマークはLCC他社とは一線を画す航空会社であるといって良いでしょう。また、2015年のA380型機の導入キャンセルによる多額の賠償金支払いなどによる経営破たんなども大きなニュースとして取り上げられていたものです。

スカイマークの口コミは、格安航空会社各社には劣るものの大手に比べればほぼ半値近くと価格が安いことと、前述のような充実したサービスを高く評価したものが多くあります。全席グリーンシートという航空機は既に過去のものですが、それでも現在使用しているシートのピッチはやや広めで、大柄な男性が長時間搭乗するには多少居心地の悪い格安航空会社と比較すれば十分なスペースが設けられています。

また、手荷物手数料が無料という点も見逃せないポイントです。スカイマークは一人20kgまでであれば個数に制限なく無料で預け入れることが可能で、20kgを超える手荷物は総重量100kgまで10kgごとに1,000円の超過手荷物料金を支払って預けるシステムとなっています。小さな子供を連れての家族旅行やお土産をたくさん購入した際などには、格安航空会社他社であれば追加料金が発生するのでせっかくの格安さが帳消しになってしまうこともあります。例えば格安航空会社の一つであるPeach Aviationなどは、大阪-東京の短い路線であれば、空港カウンターで予約した場合一個2,280円、東京-札幌であれば一個2,880円といった追加料金が発生します。

インターネットで予約しておけばもう少し価格は抑えられますが、予想外に帰りにお土産を買って手荷物が増えてしまった時などはこの料金をカウンターで追加徴収されてしまうのです。また、Peach Aviationでは座席の種類によって350円~1,250円のオプション料金がかかる座席指定も、スカイマークなら無料で指定できることも高評価を得ています。ただし、座席は航空券の支払いが済んでからでないと指定できないので注意しましょう。