Skymark評判の割引運賃とは

格安航空会社(LCC)よりも高いなどといわれるスカイマークですが、全日空や日本航空に比べれば通常価格はほとんど半値といって良いほど格安な価格が設定されています。航空券は全般的に、休みが取れるのであれば平日に利用したり、予定が組めるのであれば極力早めに予約することで安く購入できる仕組みになっていますが、スカイマークもお得に購入できる各種webバーゲンや割引などが利用者の間で評判となっています。

スカイマークのホームページで、出発日からさかのぼって一番近い日で予約できる割引は「いま得」です。これは3日前から1日前という非常に間近な日にちでも割引を受けられるもので、座席の空き具合によって価格が変動する仕組みなので場合によってはかなり安い価格で購入できます。ただし、予約の変更は受け付けていないので確実な予定の時に利用するのがおすすめです。

ただし、これらもどの割引にでもかわったわけではなく、別の便の「前割1」にのみ変更可能、といった制約があるので気を付けましょう。また、次に出発日に近い日で予約できるのが「前割7」です。これは名前の通り出発日の7日前までに予約することで受けられます。

そして、スカイマークにはこれらの他に「SKYバーゲン45」「SKYバーゲン21」というwebバーゲンがあります。それぞれ早期に予約することで割引が受けられるもので、旅行計画が早期に決まっている人は大変お得に航空券が購入できます。しかし、スカイマークの中でももっともお得な料金が期待できるのは「SKYセール」というキャンペーンです。これは期間限定で対象路線も一部に限られているセールですが、例えば、福岡-札幌が5,500円、福岡-那覇が3,500円と破格の安さが魅力となっています。「SKYセール」の開催は不定期な上、販売日もわずか3日間程度に限定して、旅行を計画している人はスカイマークのホームページをこまめにチェックしておくと良いでしょう。旅行に行くことは決定しているものの、特に日にちはいつでも構わないといった人が利用すれば大変割安な旅行ができることになります。