スカイマークの評判が良い理由

ms251_japanpassport_tp_v1

格安航空会社(LCC)よりは高い運賃といわれることの多いスカイマークですが、ホームページのSKYセールなどの割引を利用すればほとんど同じくらいの格安航空チケットが購入できてしまいます。また、ドリンクや軽食類もかなりお手軽な価格で販売されていることは利用者の間でも評判です。一時期はランクが上の座席では機内食をサービスしていた時もありましたが現在では廃止され、すべての座席で低価格での有料販売が開始されました。

価格設定は、格安航空会社他社よりも安いことが特徴で、ホットコーヒーやミネラルウォーター、ポカリスエットなどが100円、ビールやワインは300円、オニオンスープやカップヌードルが100円といった具合です。また、夏季には期間限定でアイスコーヒーとアイスカフェオレが100円、アイスクリームが200円で販売されています。さらに、ブランケットは無料で貸し出している他、飴やおしぼりも無料サービスに含まれています。機内は思いがけず空調が効いていることも非常に多く、夏場でも特に女性などはブランケットの無料貸し出しがあるとうれしいサービスといえるのではないでしょうか。

他にも、SKYMARKが他社以上の充実したサービスを実施していることで高く評価されている点はたくさんあります。手荷物は全日空や日本航空といった大手航空会社並みに預けることができる他、機内でスマフォやパソコンなどの端末を使用するためのコンセントが半数以上の機内に備え付けられているなど、大手航空会社にも見られないような内容があります。

座席の広さにもゆとりがあるので、短時間であればともかく、長いフライトとなった場合には特に快適な空の旅を楽しむことができるでしょう。まさに、格安航空会社並みの安さに加えて大手航空会社並みの居心地の良さという2つのメリットを兼ね備えているのがスカイマーク最大の特徴なのです。経営危機などがニュースに取り上げられることも多いスカイマークですが、現在では羽田や神戸などを拠点として全国各地の空港にネットワークを広げつつあります。利用者にとっては、リーズナブルなお値段だけではなく観光にビジネスにとさまざまなニーズに応えてくれる非常に利便性の高い航空会社といって良いでしょう。旅の計画を立てるなら、まずはスカイマークのホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

スカイマークの格安さと充実のサービス

航空業界に革命的ともいえる価格破壊をもたらしたのが格安航空会社(LCC)で、Skymarkはその一つとしてよく知られた存在です。スカイマークは格安航空会社にカテゴライズされることも多くありますが、そのサービスはかつて全席がグリーンシートという航空機を持っていた時代もあるなど、価格が安いにも関わらず充実した内容であることが大きな特徴となっています。

その点からスカイマークはLCC他社とは一線を画す航空会社であるといって良いでしょう。また、2015年のA380型機の導入キャンセルによる多額の賠償金支払いなどによる経営破たんなども大きなニュースとして取り上げられていたものです。

スカイマークの口コミは、格安航空会社各社には劣るものの大手に比べればほぼ半値近くと価格が安いことと、前述のような充実したサービスを高く評価したものが多くあります。全席グリーンシートという航空機は既に過去のものですが、それでも現在使用しているシートのピッチはやや広めで、大柄な男性が長時間搭乗するには多少居心地の悪い格安航空会社と比較すれば十分なスペースが設けられています。

また、手荷物手数料が無料という点も見逃せないポイントです。スカイマークは一人20kgまでであれば個数に制限なく無料で預け入れることが可能で、20kgを超える手荷物は総重量100kgまで10kgごとに1,000円の超過手荷物料金を支払って預けるシステムとなっています。小さな子供を連れての家族旅行やお土産をたくさん購入した際などには、格安航空会社他社であれば追加料金が発生するのでせっかくの格安さが帳消しになってしまうこともあります。例えば格安航空会社の一つであるPeach Aviationなどは、大阪-東京の短い路線であれば、空港カウンターで予約した場合一個2,280円、東京-札幌であれば一個2,880円といった追加料金が発生します。

インターネットで予約しておけばもう少し価格は抑えられますが、予想外に帰りにお土産を買って手荷物が増えてしまった時などはこの料金をカウンターで追加徴収されてしまうのです。また、Peach Aviationでは座席の種類によって350円~1,250円のオプション料金がかかる座席指定も、スカイマークなら無料で指定できることも高評価を得ています。ただし、座席は航空券の支払いが済んでからでないと指定できないので注意しましょう。

遅延・欠航が気になるLCC、スカイマークの評判は?

スカイマークといえば、旅客への対応が非常に良いことで知られる評判の格安航空会社(LCC)です。例えば遅延・欠航といった際の対応は格安航空会社ごとに微妙に異なりますが、スカイマークの対応は上々です。移動の際に利用する乗り物は、どのようなものであっても悪天候など天災による遅延・欠航を免れることはありませんし、自社都合による遅延・欠航も中決して少なくはありません。

しかし、例え同じ状況であってもその後の対応は会社によってさまざまで、その対応が会社の評判を大きく左右することになることもたびたびなのです。格安航空会社といえば全日空や日本航空がメインであった航空業界の中で驚きの格安航空券を売り出した航空会社ですが、発足当初は天災とは関係のない機材故障など、都合による相次ぐ遅延や欠航が大きな問題として取り上げられたものです。全日空や日本航空といった大手航空会社であれば、遅延や欠航という事態になれば予約した旅客を他社便に振り替えたり、翌日のフライトに振り替えとなればその日のホテルを手配してくれたりと充実したサービスが実施されるのが普通です。しかし、あらゆるサービスをそぎ落とすことで実現した格安な料金が売りの格安航空会社には、そのようなサービスはおよそ期待はないです。欠航時にも補償しないことが格安価格をキープする要因となっているわけです。

例えば、ジェットスターやピーチアビエーション、バニラエアなどは格安航空会社を代表する航空会社ですが、いずれも欠航時には自社の後続便へ振り替えるか航空券の払戻しを行うかの二者択一というのが基本的な対応内容で、他社便への振替は行っていません。その点、格安航空会社よりも充実したサービスが評判のSkymarkの対応は違います。悪天候などが原因となる遅延・欠航は、格安航空会社他社と同様に他社便への振替は行われないのが基本ですが、自社都合による遅延・欠航に対しては、全日空や日本航空といった他社便に振り替えることもよくあります。格安航空会社より多少高めの料金が設定されていることも特徴のSkymarkですが、この対応の良さは当社の評価を大いに上げる一因となっています。とはいえ、日本の格安航空会社の遅延・欠航は、諸外国のそれと比べればそれほど多くはありません。実は大手航空会社と同じくらいか少ないかといったレベルなのが実情で、それほど神経質になることはないでしょう。

Skymark評判の割引運賃とは

格安航空会社(LCC)よりも高いなどといわれるスカイマークですが、全日空や日本航空に比べれば通常価格はほとんど半値といって良いほど格安な価格が設定されています。航空券は全般的に、休みが取れるのであれば平日に利用したり、予定が組めるのであれば極力早めに予約することで安く購入できる仕組みになっていますが、スカイマークもお得に購入できる各種webバーゲンや割引などが利用者の間で評判となっています。

スカイマークのホームページで、出発日からさかのぼって一番近い日で予約できる割引は「いま得」です。これは3日前から1日前という非常に間近な日にちでも割引を受けられるもので、座席の空き具合によって価格が変動する仕組みなので場合によってはかなり安い価格で購入できます。ただし、予約の変更は受け付けていないので確実な予定の時に利用するのがおすすめです。

ただし、これらもどの割引にでもかわったわけではなく、別の便の「前割1」にのみ変更可能、といった制約があるので気を付けましょう。また、次に出発日に近い日で予約できるのが「前割7」です。これは名前の通り出発日の7日前までに予約することで受けられます。

そして、スカイマークにはこれらの他に「SKYバーゲン45」「SKYバーゲン21」というwebバーゲンがあります。それぞれ早期に予約することで割引が受けられるもので、旅行計画が早期に決まっている人は大変お得に航空券が購入できます。しかし、スカイマークの中でももっともお得な料金が期待できるのは「SKYセール」というキャンペーンです。これは期間限定で対象路線も一部に限られているセールですが、例えば、福岡-札幌が5,500円、福岡-那覇が3,500円と破格の安さが魅力となっています。「SKYセール」の開催は不定期な上、販売日もわずか3日間程度に限定して、旅行を計画している人はスカイマークのホームページをこまめにチェックしておくと良いでしょう。旅行に行くことは決定しているものの、特に日にちはいつでも構わないといった人が利用すれば大変割安な旅行ができることになります。

MCCと呼ばれるスカイマークの特徴

日本の航空会社を分類するとすれば、スカイマークは、ソラシドエアやAIR DO、スターフライヤーなどとともに独立系航空会社に当てはまりますが、その一方でMCC(ミドルコストキャリア)と呼ばれることもあります。格安航空会社(LCC)は日本でも現在は広く浸透していますが、登場し出したのは2011年以降とそれほど歴史が古くはありません。欧米では日本よりもかなり前から運行が開始されていることから既に広く一般に普及しており、欧米人の格安航空会社の使い方には一定のパターンがあるのだといわれています。それは、ビジネス利用するならレガシーキャリア(大手航空会社)で、レジャーでの利用は格安航空会社で、というものなのだといいます。

驚くような格安さは、ありとあらゆるサービスをそぎ落としたからこそ実現できたものであり、多少のデメリットが存在するのは致し方ないのですが、ビジネスでの利用は極力控えるべきというのが一般的なのです。そして、そのよう割り切って個人の楽しみのために格安さを享受するのが欧米人流の賢い使い方だというわけです。

日本でレガシーキャリア(大手航空会社)に相当するのは全日空や日本航空などで、格安航空会社に相当するのはピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空(Spring Japan)などです。LCCとはローコストキャリアの略で、serviceを省略することでコストを抑えているということであり、その意味からいえば大手航空会社はFSC(フルサービスキャリア)ということもできます。

そして、その中間といえるのがスカイマークで、前述のようにMCC(ミドルコストキャリア)とも呼ぶことがでるのです。全日空や日本航空などの大手ともなれば空港での待合や機内でもフルサービスが提供されるのはごく当たり前のことで、スカイマークのようなMCC(ミドルコストキャリア)では、高速バス並みともいわれる格安航空会社ほど安くはないものの空席状況により価格が変動することはなく、いつでも安定した比較的安い料金で航空券を購入できます。お盆や年末年始といった繁忙期ともなるとLCCよりもスカイマークや大手の方が価格が安いこともそう珍しくはないでしょう。また、スカイマークの機内サービスは大手以上のものが提供されているものもあるといった、他社とは一線を画した独自の路線を打ち出して特徴づけるなどしています。